少額融資でも収入証明提出?プロミスの在籍確認を回避する方法

プロミスを利用してお金を借りることは、誰でも手軽かつ簡単に申し込むことができるようになっていますが、それでも多くの人が気になるのは在籍確認でしょう。

 

在籍確認とは、会社勤めをしている人などに対してプロミスが行うもので、返済能力を判断するうえで必須の審査項目となっています。そのため、在籍確認がとれない人に対しては

 

返済能力に難ありと判断され融資が実行されない

 

という結果に終わってしまいます。とはいえ、プロミスから職場に電話がかかってくるのはやはり気持ちの良いものではありません。いくらプロミスが「職場にわからないように」電話をしてくれるとはいっても、

 

消費者金融業者から電話が入ることもまた事実

 

ではありますので、できれば避けたいと考える人もいるのではないでしょうか。そこで、プロミスから在籍確認の電話が入らないようにするためのひとつの方法として「収入証明」を提出する、というものがあります。

 

プロミスでお金を借りる場合、通常であれば50万円までの融資の場合は収入証明書類を用意することなく利用することができます。誰でも手軽にプロミスを利用できるという背景には、この

 

「収入証明不要」で利用できるというものがあります

 

が、ここを敢えて低い金額の申し込みでも用意することでより信用度を高めるという方法です。

 

プロミスからすれば、在籍確認を行う目的というのは「この人に融資して大丈夫か」「ちゃんと返済してもらえるのか」という裏付けをとるためですので、きちんと返済してもらえる「あて」があれば審査に通る可能性は高くなります。またプロミスが保証会社をしている三井住友銀行カードローンの在籍確認も同様に行われます。

 

もっとも、これについてはあまり強く言いすぎない方が良いかもしれません。プロミスの審査を行うのも人間なので、在籍確認をあまり露骨に嫌がりすぎるとかえって怪しまれることにもつながります。

 

また、あまりに高額の融資を受ける場合にもこの方法が使えない場合もあります。必要最低限の融資をプロミスで利用するということであれば、効果的な方法といえるかもしれません。

 

またカードローンの即日発行をするという場合においてはある意味避けては通れないことだといえます。

2015/08/12 21:54:12 |
大学生活にも慣れ、友だちと旅行に行くためのお金を稼ぐために塾講師のアルバイトを始めました。週に三回、17時頃から22時過ぎまで塾に行き、小学生から高校生までの生徒に複数の教科を教えていました。塾講師のアルバイトは収入が良く思われることがありますが、実はそうでもありません。帰宅してからはもちろん、大学...